女性


サラ先生のところでオーラ写真を撮っていただいたのは
人生の節目的な時期にあたり
一つでも指標となるものが欲しいと思ったのがきっかけです。
1回目撮影された写真をもとにアドバイス頂いた時
自分の中の思い込みがサラ先生の言葉で剥がされて
これまでの常識が崩れてしまった戸惑いの中にも
帰りの足取りがとても軽くなったのを覚えています。
その後
これまでの自分の中で思い込んでいた常識と違った生き方を求めたために
戸惑いはもちろん決意が揺らぐこともありましたが
初対面で会ったサラ先生の言葉に対して
不思議と懸念を感じることはなく
言われた言葉通りの行き方を続けました。
その生き方が、生活に馴染み始めた時自分自身を取り戻せた気がしました。

その後、自分の中で何かを失ってしまったかもと感じ
1回目にオーラ写真を撮影してもらった頃と
本当に変わってしまったのかを知りたくて
2回目の撮影をお願いしました。

2回目のオーラは全く色が変わってしまったため
自分自身の中では
「やはりもう失ってしまったんだ・・・」と思いました。
しかしサラ先生は

「失ったのではなく、変化したの。
自分自身の中で問題を解決しようとしていた頃と変化して
周囲との調和の中で問題の答えを見つけようと変わったの」と
アドバイスして下さいました。

それまで自分自身の中で失ってしまったと思っていたことが
サラ先生の言葉で「変化しただけでなんの心配もいらない」と
言われたことは
不安が消えてまた前向きに歩き出すきっかけになりました。

オーラ撮影とサラ先生の言葉は
自分自身のことでありながら分自身のことがわからなくなった時に
健康診断書のように今の自分を客観的に把握させてくれます。
そして最後には前向きに向かっていける処方箋のような存在です。


Top